プチ断食の行ない方

プチ断食」が流行っているようですが、正しいやり方をマスターして欲しいですね。やり方によっては危険ですから。

プチ断食」は3日間で行なうと考えるのがいいと思います。、土日休みの人は、週末を利用するといいですね。
金曜日から始めるケースで、説明します。

◆1日目の金曜日は、「予備断食
1日目は、2日目の本断食をスムーズに進めるための予備断食と心得てください。
いきなり本断食に入ると、腹痛を起こしたりしますので、体を慣らす意味ですね。
昼食は、腹八分目にします。
夕食は、寝る3時間前までに済ませて、いつもの半分程度の量にします。
その日は、いつもより多めの水分を摂るようにしてください。
また、当然ですが、お酒を飲むのは控えます。

◆2日目の土曜日は、「本断食
水以外のものは何も食べたり飲んだりしません。
断食をすると、一時的に血圧や血糖値に低下することがあるので、激しい運動は避けます。
ゆっくりと散歩するくらいが望ましいですね。公園やお部屋で読書をして過ごすのがベストです。
脱水状態になるといけないので、いつもよりも多めに水を飲むようにします。

◆3日目の日曜日は、「復帰
断食において最も大事な時期になります。
朝食はお粥一杯を、よく噛んでゆっくりと食べます。
断食したことによって、味覚や嗅覚、視覚などが敏感になるので、梅干一粒とお粥一杯だけでも、驚くほどおいしく感じるはずです。
この日の昼食と夕食は、いつもの半分くらいの量にします。

最終日の日曜日に、思いっきり食べてしまうと、断食の効果が台無しになってしまいますので、気を緩めないようにします。

たった3日間ですが、修行した気分になり、きっと心も身体も心機一転できますが、たった3日間でも厳格な自制心が必要です。

本断食が辛すぎるという人は、こうした代替食品と水を飲むことで、スムーズに行うことも出来ます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。